topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







***** ぽちっとしていただけると励みになります♪ *****


ブログランキング・にほんブログ村へ

banner.gif


***** ご協力ありがとうございましたっ☆*^^* *****





○年モノ。 - 2007.09.13 Thu

昨日のバトン教室の帰りは、いつものとおり『深川珈琲』さんへ。
同じバトン教室にムスメさんが通ってる、チポリンちゃんも誘って行きました。

のぶさんの過去の武勇伝?を披露してもらいながら、楽しいおしゃべりtime♪
いつものことながら、「おもろい夫婦」っぷりを堪能させてもらっちゃったよ。(^▽^)

ちょいと前にぽたちゃんも来てたんだとか。
んー。
会えなくて残念っ。


帰り間際に、「7年モノのコーヒー豆」なるものを見せてもらいました。
まだ生豆でしたが、香りがねぇ違うのよ。

「コレが今年のだよ」と匂わせてもらった豆は、ふんわりイ草のような香り。
新しい畳のような香りだったんだけど、7年モノってのは全然違う。

なんていうかなー。
キャピキャピした若々しさはなくなってるけど、ちょっと落ち着いた大人になった
香りっての?(笑)

コーヒー豆って、米と一緒で新しいものほどいいんだと思ってた。
「寝かせて味をよくする」方法もあるなんて・・・。
(最近、缶コーヒーにもビンテージレーベルなんてのが出たらしいよぉ~。)

のぶさんのこだわりのコーヒー。
楽しみがまた増えたなぁぁぁ。(^^)




* * * * *
ランキングに参加しています♪
ぜひぜひ、応援のポチ!をお願いしますネ☆(*^^*)


blog_ranking.gif


あなたのご協力に感謝♪♪♪






スポンサーサイト







***** ぽちっとしていただけると励みになります♪ *****


ブログランキング・にほんブログ村へ

banner.gif


***** ご協力ありがとうございましたっ☆*^^* *****





● COMMENT ●

1年前のヌーボー

おはようございます。
こちらは雨です・・・

コーヒーじゃないけど、我が家には1年間眠らせているボージョレ・ヌーボーが鎮座しています。当時、スーパーで980円まで値下げされていたものを衝動買いしてしまったのですが、案外飲む機会って無くて、ただの一度も栓を開けることなく、すっかり「ヌーボーじゃない状態」です(^^;

広島にいたころは眠気を誘おうと、1日1本あけることもありましたが、今は酒席に呼ばれない限り飲まなくなりました。

くははははっ。
のぶさんがさー、えっらい喜んで
この記事見てたんだけど(笑)

まっ。偶然の産物というもんですな。

焙煎したのも楽しみじゃね♪← 人ごと

★はたやんさん

1年モノ、980円?(^▽^)

ウチにも古くなっちゃったワインが何本も・・・。
保管状態がいい訳ないし、もう恐ろしくて開けられん~。
(早く処分しろっ)

マナが生まれてからは、飲み会に行くこともなくなっちゃったなぁ。
たぶんもう、めちゃヨワですわー。(笑)

ひさしぶりにカクテルとか飲みたいのーぉ。。。

★masamiっち

話をちょい聞きしただけで私が書くことじゃねーなぁ・・・と
思いつつ書いた話。。。
大きな間違いがなけりゃいいんだけどっ!(笑)

オジサンの名前がついたヤツ。(失礼)
アレ、飲み逃したからな~~~。
今回はかなーり楽しみにしとるよ♪♪♪(*^^*)

焙煎したら教えてーーーーーーぇぇぇ☆
「近いから」すぐ行けるけー。(笑)

コーヒーの香り

付け届けの返しでもらったドイツワイン2本と、980円のボージョレヌーボー1本。

手土産にするにしても、眠らせている期間が長いので不安(^^;
せっかく3連休になったことだし、この休み中にあけようかな・・・

さて、使わないまま賞味期限が過ぎたレギュラーコーヒーを捨てられず、しばらく「香りだけを楽しむ」ために保管していたことがありました。

いれる前のコーヒーは、ほのかな香りがいいですね。

★はたやんさん

あー。
ワインは、もう人の手に渡せるもんじゃないね、きっと。(笑)

イチかバチかあけてみる?(^▽^)


賞味期限が過ぎたコーヒーかー。
豆をひいたものなら、『湿気取り』にできるんだけどね。
昔は、布を染めるのにも使っとったよ。(笑)

コーヒーは香りが命だからねぇ~♪

初ボージョレ

ボージョレヌーボーは、2006年もの。

(トリビアの種口調で)
「実際に飲んでみた・・・」

銘柄は、
BOUCHARD AINE & FILS
BEAUJOLAIS NOUVEAU 2006
(ブシャール・エイネ ボージョレ・ヌーヴォ 2006)
空輸品です。

375ml
度数12%
酸化防止剤として、亜硫酸塩とビタミンC添加。
アサヒビールが輸入した商品です。

香りは、確かにワインです。
いい色出ています。

ワイングラスが無いので、マグカップに注いでいます。
(広島に居たころは湯呑みで飲んでいたので進歩したつもり)

辛口ではありませんが、甘さはそれほど無く、どちらかといえば日本酒に近い味覚。
のど越しが熱い。
息を通して、鼻の奥にもアルコールが染みるような感覚。序盤から、かなり来てます・・・

空きっ腹に、やたら染み込んでいます・・・
「乱暴しないでね・・・(*^^*)」状態です。

「初ボージョレ」の感想ですが、こういうもんなのかな?

結論を出すには早いだろうけど、いけると思うよ。
でも、いけるというより「いっちゃってる」かも(--;

こうなると問題は、2002年物のドイツワインです。

★はたやんさん

1年ものワイン。
意外にまともに飲めたみたいだね~~。(^^)

マグカップってのは、かなり色気がないけど。(涙)


ワインって案外、度数が高いもんねぇ・・・。
ちゃんと食べてないとくるよ~~~。(って、いまさらだけど)

2002年モノ・・・。

おうっっ。
こっちはかなり勇気がいるぜぃ。。。(^^;)

その後

ワインに限らず、何でもマグカップで事が足りる生活。
さっぱり色気無しですな・・・(^^;

結局、回りすぎて眠れなくなり、午前4時ごろまで起きていました・・・

赤やピンクをふんだんに使ったレッテルに「ほんのり甘い」印象があったのですが、実際は辛味が勝っていてました(過去形になってる・・・)

「中甘口」くらいが一番好きで、「見た目だけで選んではいけない」事を今更ながら思い知らされました。

>2002年もの

こちらは「中甘口」「やや甘口」で、早速「やや」を飲んでみました。

瓶が青いしレッテルにも書かれていないので分かりませんでしたが、白ワインです。
口当たりがやんわりしてて、結構いけそう。

★はたやんさん

ワインの味もいろいろあるもんねぇ。(^^)
私は、赤やロゼよりも白がスキかな。

食事に合わせて頼むもの、なーんていうけど、夫婦2人とも
白がスキなので、肉だろうが魚だろうがいつも白をお願いします。(笑)

こだわり

私は色にこだわらず、ちょっと甘口なら何色でも許せます。

ボージョレ・ヌーボー、話題性は高いけど辛味が勝っていたかな。

話題を戻して・・・
一時期、2年近くコーヒーを飲まない時期がありましたが、逆に最近は3日に1回程度飲むようになりました。

それでも、牛乳か水で日々をしのいでいる生活であることには変わりありません。

★はたやんさん

まぁ、コーヒーは『嗜好品』だからね。
もう少し余裕ができたら、楽しめばいいよ。

最近は、インスタントでもけっこういいのがあるぞ。(^^)

正念場

見舞い返し(?)で頂いたコーヒーメーカーは、しばらく使われないまま電子レンジの上で鎮座しています。

たまに喫茶店のランチを頂いたあと、食後のアイスコーヒーで砂糖をどっぷり入れることが多くなってしまいました。
相当頭を使っているのか、砂糖の甘みでスッキリします。

それでも体重が増えず体脂肪も増えていないのだから、仕事中かなりエネルギーを使っているのかもしれません。

土曜日、上司と2人だけで事務所を切り盛りするのですが、昼前2時間程度上司が出張するそうで、その間は一人で対応します。

正念場や・・・

笑い話ですまないレベルでメンタルは弱いけど、これを乗り切ったら大きな自信になるだろうな。

★はたやんさん

コーヒーはブラック派なので甘いのはちょっと・・・かな。

でも、疲れているときには甘いのはいいもんね。
ちょこっと食べられる小さなチョコを会社の机の中に
入れておくと、いい気分転換になるよ。

前の会社では私もそうしとった。


でも、食べすぎには注意。(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chiriko.blog12.fc2.com/tb.php/436-9ff02f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ほわほわコサージュ。 «  | BLOG TOP |  » 雑貨屋さんめぐり お持ち帰り品編。(笑)

Facebook

カテゴリー

記事一覧

一覧を見る♪

最近のコメント

Instagram。

*****

Orange Pekoe
Orange Pekoe



ジオターゲティング

FC2カウンター

*****

LINK

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。